すみだブログ

連載・下町散歩道【2】

「ケン坊の下町散歩道」

皆様こんにちは。

すみだノート編集部、最年少のケン坊です。
1月某日、第二回目の下町散歩道(したまちさんぽみち)へ行って来ました。
下町散歩道」は有名な商店街や大通りではなく、何気ない道を歩いて墨田区の良さを発見することがテーマです。
今回は墨田区の北、鐘ヶ淵駅近く、墨田5丁目付近を30分程かけて歩きました。

第二回目のスタート地点です。
風も無く、暖かい、絶好の散歩日和です。

下町散歩道【2】

幸先良く、少し歩くと銭湯「田中湯」がありました。昔の面影が残る銭湯です。

下町散歩道【2】

下町散歩道【2】

ここから先、古い建物もありましたが、しばらく住宅街が続きました。

こんな時はインタビューです。
犬の散歩をされているお父様に、インタビューをしました。

-- この近くで、写真に撮ったら面白い場所はありますか?

お父様 「この辺は下町で、うす汚い建物ばかりだからなあ・・・」

-- いやあ、ははは・・・

お父様 「そこの電信柱を右に曲がったところに、古い床屋さんがあるから行ってみたら?」

-- ありがとうございます。行ってみます。

 

床屋さんの場所を教えてくれたお父様に、すみだノート特製ボールペンを差し上げたくなりました。
でも、そんなボールペンはありません・・・

下町散歩道【2】

少し道を戻って右に曲がると、商店街のような通りに入り、床屋さんがありました。
でも、そんなに古い床屋さんではないようです。
もう少し歩いてみると・・・

 

下町散歩道【2】

おそらく、こちらの床屋さんだと思います。
お店の中に、俳優の菅登未男さんのような、ご主人らしき方が座っていたので、お話を伺ってみました。

-- こちらのお店はいつからやっているんですか?

ご主人「昭和30年から」

-- えーっ、昭和30年。ご主人で何代目になるんですか?

ご主人「二代目だね。でも、もうじき廃業になるけどね」

-- そうですか。雰囲気があって、素敵なお店ですけどね。

ご主人「最近はもう常連客しか来なくてね。それに、ほら、去年腰を痛めたでしょ」

-- は、はい(知っていて当然の情報のようです)。

ご主人「だから背の高い客は散髪出来ないしね。アッハッハ。でも、常連客が来るから、廃業したくても出来ないんだよ。アッハッハ」

ご主人の撮影はNGとの事でしたが、楽しくお話が出来ました。

 

下町散歩道【2】

元気に走る子供達です。

下町散歩道【2】

また、元の道に戻って来ました。時折、昔の面影を残した建物が見られます。

下町散歩道【2】

これからお出かけと思われるご婦人に、インタビューをしました。

-- この辺でおすすめの食べ物屋はありますか?

ご婦人「この辺のお店はみんな無くなっちゃってね。昔はズラーッとあったんだけど。しかも今日は日曜日だしね。 ここから向こうへ行っても、多聞寺があるぐらいで何も無いよ。鐘ヶ淵駅の方へ行けば喫茶店とか色々あるけどね」

-- ありがとうございます。行ってみます。

ご婦人「気を付けてね」

親切に教えてくださったご婦人に、すみだノート特製3色ボールペンを差し上げたくなりました。
しかし、そんなボールペンはありません・・・

下町散歩道【2】

今回は猫とふれあう事が出来ませんでした。

 

下町散歩道【2】

今回の下町散歩道も、スカイツリーが見守っていました。

下町散歩道【2】

多門寺を通り過ぎ、線路が見えて来ました。
線路沿いに大きなサボテンが植えられていました。

 

下町散歩道【2】

荒川の土手が見えて来ました。
今回はここでゴールとしました。

今回は、少しではありますが、下町の方たちの人情に触れる事が出来ました。
インタビューに答えて頂いた方々、ありがとうございました。

次回以降も下町の良さを発見し、理解を深められたらと思います。

 

株式会社下町通信社
すみだノート編集部 ケン坊

ケン坊

下町散歩道